自分にあった枕を選ぶ3つのポイント

Pocket

枕を選ぶための3つのポイント

枕選びにおいていちばん重要なポイントは寝たときに、
自然に立った姿勢でそのまま横になることが理想の寝姿勢になります。枕は理想の寝姿勢へ近づけるサポートするためのものです。

枕の歴史は古代エジプトの墳墓からも発見される程、古くから利用されていることが確認されています。そして、文化の違うほぼ全ての国で使用されているのです。このことから人の構造上なくてはならないもので、枕が無ければ満足な睡眠をとることができないと言えます。逆に、より自分に合った枕を使用すれば、高い質の睡眠を得ることができるのです。

では、理想的な寝姿勢を作る3つのポイントをお伝えします。
①【仰向け寝】頭の高さをあわせる。
②【仰向け寝】首の湾曲をサポートする。
③【横向き寝】肩幅に合わせて首がまっすぐの姿勢を作る。

【仰向け寝】
img_6061ba
自然に立った姿勢を作ります。
一般的に高すぎる枕を使用する方が多いのですが、頭の高さはそこまで必要ありません。
枕が高いと気道が狭まることでの負担・いびきの原因にもなります。また、血液やリンパの流れを妨げている可能性もあり、肩凝り・首凝りの原因になります。
枕の高さを、自然に立った姿勢に近づけます。

そして、首の湾曲をサポートすることで、できる限り首を休めて睡眠を摂ることができます。首の隙間が空くと横になっていても首は緊張した状態が続きます。

【横向き寝】
img_6071ba
横向き寝は肩幅に合わせて、後ろから見たときに首がまっすぐな状態を作ります。
このときに、低かったり高かったりと、合っていないことで、首が折れ曲がった状態で長時間過ごすことになります。
結果、同様に首に負担をかけてしまいます。

高さを調整することで、負担を軽減させます。

お使いの枕がどのような寝姿勢になっているか確認してみてください。
仰向け寝と横向き寝の写真を撮って確認するとわかりやすいと思います。
上記画像を参考に、自分に合った理想の枕を作ってみてください。

Pocket

コメントを残す

*